油断大敵!女性の薄毛問題

風になびく艶やかな髪、女性なら誰しもが憧れる素敵な髪ですよね。10代20代の頃には気にも止めなかった当たり前の艶・ハリのある髪の毛。でもいつまでもあの頃の髪の毛を維持していけると思っていませんか?今日は薄毛の中でもちょっと人に相談しづらい「女性の薄毛」の前兆についてお話します。

男性だけではない、薄毛の前兆あなたは大丈夫ですか?

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

 女性の薄毛を察知する5つの前兆

髪の毛や頭皮がべたつく

髪の毛や頭皮が以前にも増してべたつく…なんてことはありませんか?それは薄毛の前兆の1つかもしれません。過剰に分泌された皮脂が髪の毛や頭皮をベタつかせているかも。皮脂の過剰分泌は頭皮の環境を悪くし、髪の毛の成長を妨げる可能性があります。ヘアワックスをつけていないのに、つけたようなベタつきを感じたらそれは要注意のサインです。

頭のかゆみとフケも注意

過剰な皮脂の分泌や、頭皮の乾燥、シャンプーや紫外線でのダメージを受けることは薄毛症状の悪化につながります。特に、かゆみがあるフケは注意が必要です。毛穴が詰まったり、毛穴の中で最近が増殖している可能性もあります。大量に肩にフケが落ちてくる…というかたは早めの受診が薄毛回避の道につながりそうです。

頭皮が硬くなってきた

頭皮が硬く動かなくなった場合、血行不良の可能性があります。髪の毛に栄養が行き届かずに薄毛を進行させてしまう可能性が大。ゆっくりとお風呂につかり、頭皮マッサージをする時間を作ってみましょう。血行をよくして、髪にも体にも栄養を!

髪質の変化

突然ウェーブがかかったような髪質になったり、いつもと違う髪質に変化した場合は女性ホルモンのバランスが崩れているかもしれません。ストレスなどで崩れた女性ホルモンは髪の毛にも影響を及ぼします。休日は自分の好きなことをして、リラックスすると髪や体に優しい状態を維持できますね。

髪の毛が細くなってきた

後頭部や側頭側の髪の毛より、前髪が細くなってきたら薄毛のサインです。栄養が届きにくい前髪は一番影響を受けやすく、細くなりがち。ヘアースタイルをまとめる技術があっても肝心の髪の毛がなくては本末転倒です。素敵なヘアースタイルを楽しむためにも、前髪のチェックは怠らずに!

いかがでしたか?

髪の毛からのSOSサインをみつけたら早めの対応があなたの髪の毛の明るい未来です。歳を重ねるごとに、髪や体にはやはり年相応の影響が出てきます。それでも少しでも美しくありたい女性は多いはず。髪の毛のボリュームの有り無しで10歳も20歳も見た目が変わってきますよね。

女性の薄毛は男性に比べ、回復能力が高いようです。日頃のケアが何十年後のあなたの髪の毛を守る鍵となります。バランスの良い食事・規則正しい生活習慣・適度な睡眠時間など体に良いことは自然と髪の毛にもつながります。

自分の体と髪の毛を守るためにも、一度自分の生活習慣を見直してみるのはいかがでしょうか?

もし、生活習慣の見直しが難しいという方は女性育毛剤に頼るのも一つの選択肢かもしれません。

女性育毛剤を使って効果が出たか、出ないか、というのは使う人によって別れるそうですが、使わないよりマシなことは確かでしょう。

実際、発言小町ではこのような意見がありました。

私の場合は、まず抜け毛の量が減りました。これは使い始めて1週間を過ぎたくらいですぐに効果を感じました。

私の場合、8月に1ヶ月使用、9月から使用を止めて今に至るのですが、発毛について、使用中にはまったくと言っていいほど実感がなかったのに、その時重点的に塗布していた前頭部に、11月頃(もう使わなくなっていた)から産毛か生え始め、今もそれが着々と伸びています。生え際がかなり後退していたのですが、元のようにおでこが狭くなってきました。

使用を止めたのは、製品に含まれる主成分にある種の副作用があるというのをネットで読んだからです。といっても、実際に何か自覚症状があったわけではありませんが(副作用については、その主成分の名前と一緒に検索するとすぐに出てきます)。

もう使わないと思っていましたが、今になって発毛が見られ、ちょっと揺れています。

引用元:女性用育毛剤って効果ありますか?

 

こちらの意見を見ても、ある一定の効果があるといえそうですね。

 

 

 

薄毛が始まる原因って?

現代社会において薄毛かもしれないと疑っている方・薄毛になったらどうしようと悩んでいる方はいったいどれほどいるのでしょうか?髪の毛はその人の第一印象を決める、大事な部分と言っても過言ではありません。職場でもプライベートでも髪型ひとつでガラリと印象は変わりますよね。薄毛よりは髪の毛があった方が良いと思う方も多いと思います。

以前の薄毛は男性の悩み、という印象が強かったと思いますが今日では老若男女共通の悩みへと発展しているようです。今日はそんな「薄毛」になる原因が一体どんなことなのか、調べてみたいと思います。

f6a80c31afdc0cb2f2a03b0f19926364_s

あなたはいくつあてはまる?薄毛が始まる4つの原因

ストレスなどの精神的負担

現代人は、様々な場面で沢山の思いを抱きながら日々の生活を送っていると思います。もちろんいいことばかりではなく、嫌なことも多いはず。そんなストレスや不安・挫折・心配と言った精神的負担要素が薄毛の原因の一つと考えられています。ストレスや不安を感じ続けると、血液の循環が悪くなり結果として頭皮の働きを鈍くしてしまうので注意が必要です。

一時的な物であれば、さほど大きなダメージにつながることはありません。しかし頻繁に続くようであれば要注意。抜け毛や薄毛の原因につながることになります。

乱れた生活習慣

「忙しい」を理由に普段の生活が乱れてはいませんか?日頃の運動不足・偏った食生活・不適切な睡眠時間も原因の一つです。適度な運動は新陳代謝を高め、血行を良くし頭皮へのエネルギー循環を良好にしてくれます。バランスの良い食事は髪へ栄養を与えハリ・ツヤのある髪の毛を形成し、睡眠時間は体をしっかりと休め、ダメージの回復をしています。

この3つのバランスがうまく取れて初めて美しい髪を維持することが出来るのです。一つでもバランスが崩れてしまえば抜け毛、薄毛の原因になりかねません。自分の生活習慣を今一度見直してみましょう。運動・食事・睡眠はとれていますか?

加齢

抗う事が難しい「加齢」も原因の一つとして考えられます。歳を重ねるごとに体はもちろん、髪の毛も衰えを見せはじめます。また最近の研究では毛穴の構造が年齢とともに変化し繊維化してしまう事も明らかになってきました。そして髪の毛の成長に欠かせないホルモンも年齢と共に減少していきます。抗う事が難しいからこそ、少しでも長く健康な状態を維持していける様対策が必要ですね。

頭皮ケア

毎日何気なく行っているシャンプーにも原因が隠されているかもしれません。シャンプーのやり過ぎ・カラーリングやパーマ、ドライヤーの当てすぎなどは頭皮にダメージを与える結果になってしまいます。頭皮がダメージを負えば健康な髪の毛が生えてくることはありません。何事も適度に行うことが大切です。

いかがでしたか?

どれも現代を生きる人たちに当てはまることが多い原因だと思います。これらを全て解決させることは難しいかもしれません。ですが、少しの気遣いで解決できることもあると思います。思いっきり羽を伸ばしストレス解消に努める・一駅分歩くようにする・いつもより1時間多く睡眠をとる、等身体にいいことは髪の毛にも良い結果をもたらしてくれるはず。

今日から自分の為に、少しいいことはじめてみませんか?

8d2b9ca88e943221bc4c54ff21139bfb_s

白髪と薄毛の関係性ってある?

みなさんは「白髪が多いと薄毛になりにくい」「薄毛になると白髪になりにくい」という噂をきいたことがありますか?髪トラブルを意識している方にとってはこの2つはとても気になることだと思います。特に加齢とともに気になるこの2つのトラブル。若々しい見た目を維持するためにも大切な問題ですよね。

今回はそんな「白髪」と「薄毛」にどんな関連性があるのかをお話しします。

849c83a7fde4c45b21f1e2f304af2ade_s

「白髪」と「薄毛」のメカリズムがわかる4つのポイント

そもそもなぜ白髪になるの?

元々、日本人の髪色は「黒」ですがこれはメラニンの効果だと言う事をご存知ですか?私たちの髪の毛には「ユーメラニン」という色素が多く含まれています。その為、髪の毛が美しい黒色を発色することができるのです。しかし加齢や栄養状態・頭皮の健康状態などの要素によって、このユーメラニンが減少すると最終的に「白髪」へと変わっていきます。

一般的に40歳前後からメラニンの生産量は衰えを見せ始めるため、このあたりの年代の人達から白髪になりやすいと言われています。

白髪の抜くと増えるは嘘?本当?

白髪を抜くと白髪が増える、と耳にした事はありませんか?これは大きな間違いです。白髪はメラニン色素がなくなることで発生しています。その為、1本の白髪を抜いても周りの髪の毛はメラニンを失わない限り白髪にはなりません。それどころか強制的に髪の毛を抜くことで頭皮や毛根にダメージを与えてしまします。

健康な頭皮を維持するために、できるだけ白髪は抜かない方法で対応しましょう。

それなら薄毛の原因は?

薄毛の原因は簡単にまとめると「不健康な頭皮から髪が抜け落ち、新しい髪が生えてこないから」ということになります。頭皮にダメージが蓄積し髪の毛が抜け落ち、新しい髪が生えるサイクルが崩れることにより起こる症状です。「白髪は抜けば増えるから」という噂に耳を傾け、実行してしまっては逆効果。大切な髪の毛や頭皮を自ら傷つけてしまっています。

では、「白髪が多いと薄毛になりにくい」の事実は?

これらのことから白髪は「メラニンの減少」、薄毛は「抜け毛と新しい髪のサイクル」が問題であることがわかりました。つまり、白髪と薄毛の原因は全くの別物。白髪が多いと薄毛になりにくいということはありませんし、また逆も然り。

大事なことは「頭皮の状態が悪くなっていて色素が形成できなくなり白髪になる」ことと「頭皮の状態が悪くなっていて髪が抜け落ち、新しい髪が生産されず薄毛になる」ということです。逆を言ってしまえば頭皮の状態が良ければ色素も形成され、抜け毛にも悩まなくて済むと言う事です。

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

最後に

白髪も薄毛も「頭皮」の状態によってその症状が発症します。栄養が行き届かなければ髪は白くなり、抜け落ち、最終的には薄毛になります。白髪は薄毛になるサインかもしれません。白髪を見つけたら焦らずにまず、自分の頭皮の状態をチェックしてみてください。もちろん、健康な頭皮であっても加齢に伴う白髪や抜け毛には逆らうことはできません。

しかし、最小限に食い止めることはできるはず。健康な頭皮を維持して白髪・薄毛とうまく付き合っていけるといいですよね。

若い人の薄毛前兆

みなさんは「若ハゲ」という言葉を聞いたことがありますか?若ハゲとは10代や20代のような若い世代の方の額の生え際・頭頂部などの髪の毛が薄くなっていくことを指しています。最近では「Androgenetic Alopecia」通称AGAとも呼ばれています。まだまだ若いから・髪の量は多い方だから大丈夫と安心しきっていませんか?今日はそんな若ハゲAGAの前兆についてお話します。

7655dc4e85dddb7579d285ac0242c1cb_s

侮れない!AGAの6つの前兆

頭皮の色はどんな色?

あなたの頭皮の色はどんな色をしていますか?健康な頭皮の色は「白色」をしています。ですが頭皮の毛穴に汚れが溜まったり、血行不良などが原因で頭皮の色が変わることもあるのです。黄褐色・茶褐色・赤褐色などに変色してきたら危険信号です。頭皮が炎症を起こして頭皮の状態が正常に働いていない可能性があります。

最悪脱毛症になる可能性もありますので、異変を感じたらすぐに病院へ。早めの処置が大切です。

フケ・かゆみを感じたら?

AGAの前兆の一つにフケ・かゆみはよくあげられています。毎日髪の毛を洗ってもベタつきが取れない・かゆみが取れない・フケが剥がれ落ちる等の症状を感じたことはありませんか?それは頭皮からのHELPサイン。頭皮や毛穴が正常に働かず、支障をきたしているかもしれません。そのままの状態にしておくと、頭皮や毛穴の炎症につながり最終的にはAGAの原因になります。

抜け毛の中に産毛?

フケ・かゆみの症状が落ち着いても安心はできません。あなたの抜け毛をチェックしてみてください。その中に産毛はまじっていませんか?産毛が混ざっていた場合は要注意です。新しいサイクルで生え変わったばかりの髪の毛が抜け落ちているかもしれません。はえるはずの髪の毛が抜け落ちれば言わずもかな、薄毛は進行していきます。

これから育つ大事な髪の毛、落ちてはいませんか?

抜け毛の量は?

AGAは抜け毛が多いことから進行していきます。健康な頭皮である成人の1日の抜け毛は平均で40~60本ぐらいだと言われています。あまりにも多い抜け毛はAGAの前兆かもしれません。

髪の太さは?

加齢と共に髪質が変わるのは、「老化」という逃れることのできない運命です。しかし10代や20代のうちに髪質が変化してきた、という方はAGAの可能性が高いようです。現代の乱れた生活習慣や食生活の影響で髪の成長を妨げてしまったり、毛穴が萎縮してしまったりと原因は様々です。学生時代は髪が太かったのに社会人になってからは髪が細くなってきた、なんてことはありませんか?

頭皮の硬さは?

自分の指で頭皮をマッサージしてみてください。きちんと前後に動いていますか?動かないほど硬くなっているのはAGAの前兆です。血行不良で頭皮が硬くなっているのかもしれません。そんなときはマッサージで頭皮をやわらくしてあげましょう。新陳代謝が促進され、毛穴の状態も回復していきます。健康な頭皮を維持することが薄毛対策の第一歩です。

88d6ac117ae3829d68a7c717c3288f69_s

いかがでしたか?

若いうちは大丈夫、と思っているといつかあなたも「まさか自分が」と驚愕してしまう未来がきてしまうかもしれません。薄毛は1日2日ですぐ起こるような症状ではありません。毎日のチェックの中で「あれ?」と思うことがあれば、すぐに病院で正確な処置を施行してもらいましょう。早めの対応でいつまでも健康な髪と頭皮を守り、人生を共に歩んでいきたいですね。

薄毛をごまかす3つのテクニック

現代社会において、男女ともに深刻な問題になっている「薄毛問題」。今回はそんな悩みの種でもある薄毛をごまかすテクニックをご紹介いたします。薄毛だからモテない、人生たのしくない、なんてもう言わせません。もう思わせません。人生楽しんだもん勝ちです。

是非参考にしていただき、あなたの薄毛ライフを楽しいものに変えてみてください。

薄毛をごまかす3つのテクニック集

6218c088d8a01c983bc7cbe7d292799a_s

①髪型を変える

薄毛の種類に合わせてヘアアレンジを行えば目立たずにおしゃれにすることができます。悩める薄毛部分の髪の量に合わせてサイドやバックの髪の毛を切ってしまいましょう。全体の長さを同じにしてしまえば、薄毛を目立させることなくカバーできます。

また、日本人の薄毛が目立つ理由の一つとして「肌の色と髪の色の違い」が当てはまります。ようは「黒い」髪の毛の間から「肌色」が見えるから薄毛に見えるのです。カラーリングで髪色を肌の色に近づけてしまいましょう。そうすることで肌と髪色の境目が目立たなくなり、周囲からは薄毛と思われにくくなります。

パーマをかけて、ボリュームを出すのも一つの手です。おしゃれな髪色とヘアスタイルで今日からあなたも脱・薄毛スタイル!

②ファッションとして隠す

薄毛だからと、おしゃれをあきらめてはいけません。ハットや帽子を被り、髪の毛を隠してしまいましょう。ファッションの一部として取り入れるので違和感なく薄毛を隠すことが出来ます。ハットや帽子、小物が似合う服装のチョイスが決め手です。

おでこ部分が気になる方は、メガネやサングラスをおでこに当てるだけでも印象がガラッっと変わってきます。

これでもう気分はファッションモデル!

③角度を変える

写真を撮るときに薄毛をごまかすテクニックでお勧めなのが角度を変えること。写真に写る薄毛の面積を狭くしてしまえば、薄毛だとは思われません。角度を変えてキリリとキメ顔をすれば写真写りばっちりです。もう集合写真が怖いとは言わせません。

あなたの薄毛、諦めないで!

いかがでしたか?薄毛だから、とあきらめてるのは少しもったいないと思いませんか?ちょっとの工夫で薄毛をごまかすことも、おしゃれも楽しむことも出来るのです。是非、おしゃれを楽しみながら新しい自分の魅力を引き出して下さい。

a6cb93c9470ec0705527e46c43ff78f5_s

嬉しすぎる!薄毛が回復してきてる前兆って?

薄毛で悩んでいる皆様、日々頭皮のケアに奮闘していることと思います。でもなかなか薄毛が回復している前兆はみえにくいもの。本当に回復しているのか、不安になることもあると思います。果たして今、自分が行っているケアで薄毛の改善が見られているのか…?

今回は、そんな気になる「薄毛の回復」の前兆についてお話したいと思います。

eb34e49f54747730867268e5db24a2b1_s

薄毛が回復してきたかも?3つのポイント

 以前よりも抜け毛の本数が減ってきた

毎日のシャンプーのとき、いつもうんざりするほど抜けていた髪の毛。最近少し落ち着いたかも?と思っている方は薄毛回復の前兆です。そもそも薄毛は髪の毛が抜け落ち起こる現象です。髪の毛が抜け落ちるペースが穏やかになれば、自然と薄毛は治る傾向があります。

髪にハリやコシがでて太くなってきた

今までは細く、すぐに切れてしまうような髪だったのに…。そんな髪の毛が太くなっていれば髪が強くなっている証拠です。頭皮の状態がよく、髪の毛に栄養が行き渡り成長しています。状態が良ければ抜け落ちる可能性もずっと低くなってきますね。確実に脱・薄毛に一歩近づいています。

生え際に産毛が生えてきた

実際に、生え際に産毛が生えてきていれば「新しい髪」が生えている証拠です。新たな髪は、薄毛からの解放を意味しています。抜け毛が少なくなり、髪の毛が増えれば薄毛とはお別れができる兆しです。その産毛、大事に育てあげてください。育てば髪の毛のボリュームもアップし、見た目に成果が現れます。

いかがでしたか?

薄毛回復には長い時間がかかると思います。でもあきらめないで!

日頃のケアが実を結び、あなたの悩みから「薄毛」がなくなる日もきっと遠くはないはずです。ポイントは回復の前兆が現れた時に「安心しすぎない」こと。最後まで気を抜かず、ケアを続けていれば自分も周りも驚く結果がついてくるはずです。ちょっとの兆しを未来への期待へと変えて、今後も頭皮のケアを怠らずに!きっと明るい未来へつながりますよ。

f16488ce2527010016dd278368d9f31d_s

薄毛の前兆は前髪から?

あなたの前髪はいま、どんな風にセットされていますか?降ろしたり上げたり、前髪だけで印象がガラッと変わってきますよね。前髪は髪の毛の中でも、一番目を引く部分です。もしもその部分が薄かったらどうでしょう?なんだか「髪の毛がさみしいなぁ」と思いませんか?今日は薄毛の前兆が前髪からあらわれるのかどうか、ご説明したいと思います。

5675fa2900774e2ab0bca562b8d773cb_s

前髪からの3つのサイン

いわゆるM字様!

最近、おでこが広くなったなぁ…と思う事はありませんか?おでこの広さが気になりだしたなら、それは髪の生え際が後退してきたのかもしれません。それこそまさに「M字ハゲ」薄毛の前兆です。前髪のこめかみの上の部分あたりから、徐々に上へ上へと薄毛が進行していきます。前髪部分は他の部分よりも生え際が分かりやすく、いち早く薄毛のサインを表してくれるので日頃からチェックが大事ですね。

前髪の分け目、あなたはどうしてる?

前髪の分け目はついつい同じになりがちですよね。しかし、いつも同じ部分で分けると薄毛の原因になるかもしれません。ずっと同じ場所で分けているとそこだけ紫外線を浴びたり、髪の重さで引っ張られたりと外傷を受ける頻度が多くなってきます。そうすることで頭皮にダメージを受け薄毛の手助けをしてしまう可能性が。

癖がついていたとしても定期的に分け目は変えた方がいいかもしれません。

意外と忘れてしまいがちな前髪のシャンプー

毎日のシャンプーの中で、意外と忘れがちになる前髪。きちんと洗って、きちんと洗い流せていますか?洗い残しも毛穴に汚れが溜まり、頭皮へのダメージへとつながります。毎日行うからこそ、しっかりとケアし頭皮への負荷を少しでも軽くしていきましょう。

前髪からの3つのサイン、いかがでしたか?前髪は、あなたの印象を決めてくれる大事な部分です。毎日手軽にみることが出来るからこそ、小さなサインを見逃してはいけません。日頃のケアをしっかりと行い、前髪が送ってくれる薄毛の前兆を察知して薄毛を予防していきましょう。

cb1fac909a2449dc7472146ce1657ff1_s

薄毛の前兆に早めに気づけばこんなにいいことが

薄毛対策の記事などを読んでいると「薄毛は早期発見がコツ!」「早めの対策を!」などの文字をたくさん拝見することがあります。ではなぜ早期発見が大事なのか?早めの対策をとることでどんな効果が得られるのか?みなさんは考えたことがありますか?今日はそんな「ちょっといいこと」のお話をしていきたいと思います。

721a1ee5d859a5f4b92c51ca8025d4ae_s

早め早めが鍵?2つのポイント

なぜ早期発見が大事なの?

薄毛は風邪のひきはじめに似ています。風邪はくしゃみや鼻水などの軽い症状が出てきた時に、薬を飲み暖かい格好をして休めば比較的すぐに回復しますよね?薄毛も同じです。早めに発見し、治療を受ければ比較的すぐに回復の兆しが見えてきます。つまり「治療時間を短縮」することができるのです。

治療時間の短縮は、実際に治療を受ける頭皮に対してもダメージが少なくて済みますね。そして比較的早く、改善の効果が見られてきます。

早期発見の最大のメリットはまさにここではないかと思います。

早めの対策って?

症状が進んでしまった薄毛は、処置を施す範囲が初期症状時よりも広くなっている可能性が高いです。そうすることで「治療費」が高くなってしまう場合があります。また、初期段階であれば生活スタイルや食生活の改善など、比較的自分自身で行いやすい処置で高い費用をかけずに対応できるかもしれません。

また、早めに対策をとることで治療範囲も狭くなり自分にあった治療法を早く受けることも可能です。

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_s

最後に

薄毛は早期発見・処置であればあるほど回復の可能性が高く、成果もすぐでる傾向にあるようです。莫大な時間やお金をかければ薄毛の回復も見込めるかもしれません。しかし時間もお金も永遠に続くわけではありませんよね。「まだ、大丈夫」ではなく「もう、あぶない」かもしれません。なるべく少ない時間と少ない費用で薄毛ケアは行いたいですよね。

自分の髪の毛を守れるのは自分だけ。油断していると明日は我が身かもしれませんよ。今のうちから、早めのチェックと対策で髪の毛を守り万が一、薄毛の進行を見つけた際は的確な処置を行い、できるようであれば病院へ受信ましょう。

円型脱毛症の前兆ってある?

みなさん、「円形脱毛症」という症状を聞いたことがありますか?昔で言う「10円ハゲ」のようなもので、突然円型の脱毛が起こります。この症状は老若男女問わず発症し、おもに頭髪部分、重い場合には眉毛、ワキ毛など全身に円型脱毛の症状があらわれます。この症状に悩む方もきっと多いはず。

自分で気づいてもショックを受けるし、人に指摘されても凹んでしまいますよね。

今回はこの円形脱毛症についてお話していきます。

2ae5091cd01971ff27927757b358381a_s

円型脱毛症の前兆はある?

経験された方のほとんどが「前兆はなく突然に起こった」とはなされています。そしてその症状自体も人に言われるまで気付かなかった、という方もいるようです。この円型脱毛症は髪の毛が抜け落ちる瞬間すら痛みを感じることはありません。まるで獲物を狩る狼のように静かに進行し、そして確実に髪の毛が抜けていきます。

しかし稀に「大量のフケが出た」「頭皮がかゆい・痛い」という症状を訴える方もいるようです。ですが、どの症状も殆ど気にならないぐらいの小さなサイン。円形脱毛症になってから「あ、あれがもしかしたら前兆だったのかもしれない」と思う程度のようです。

小さなサインを見逃さないことこそが、円形脱毛症の前兆なのかもしれません。

対策として

円形脱毛症は、最初にも記載した通り「老若男女」誰にでも症状が出る可能性があるものです。そして初期症状もなく、発見が難しいとされています。しかし極僅かなサインを頭皮が訴えているかもしれません。「あれ?もしかしたら…」と思った場合には急いで病院へ。早めの処置が、円型脱毛症の早期発見につながるかもしれません。

また、円型脱毛症の原因は「アレルギー」や「遺伝子」「ストレス」など様々言われています。しかし、未だ解明されていない部分の方が多いようす。ですが、何らかの原因で身体の免疫が落ち、脱毛へつながっているのは明らか。なにか異変を感じた時には体をしっかりと休めることが重要かもしれません。

e90dcaea31a56f39cad38ce25a7f75b0_s

薄毛には前兆があった!

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

なんだか最近、髪の毛にボリュームがなくなってきたような…?鏡の前に立ってみて、ふと「あれ?」と思うことはありませんか?それはいわゆる「薄毛」の前兆かもしれません。薄毛は主に男性のイメージが強いと思います。しかし、昨今では女性にもこの「薄毛」に悩んでいる方が多いようです。今回は、そんな薄毛の前兆についてお話致します。

前兆がわかれば対策も練れるというものです。1日でも早い対策が未来の髪の毛を救うかもしれません。

あなたは大丈夫?薄毛の4つのサイン

頭皮のかゆみ・フケ

かゆみの症状やフケをいつも以上に感じるようであれば要注意です。それは頭皮が「炎症(脂漏性皮膚炎・しろうせいひふえん)」を起こしている状態です。頭皮はかなりデリケートなところ。外的因子も内的因子もすぐに症状として現れます。その他にも食生活の乱れ・ストレス・不規則な生活習慣なども原因の一つに挙げられています。現在の生活習慣が思いがけないところであなたの髪の毛に影響を与えているかもしれません。これを機に、一度自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

抜け毛が短い

シャンプーをしていて、髪の毛が抜け落ちるのは自然の摂理ですね。なぜなら髪の毛には決まった周期が有り、その周期に基づき抜け落ち、そして生え変わるからです。健康な髪の毛であれば、男性3~5年・女性4~6年と言われています。ほかの髪の毛に比べて短い髪の毛が抜けているということは、髪の毛のサイクルが乱れて短い周期で抜けてしまっているということ。育ちきっていない髪の毛が抜けて落ちるのは「薄毛」への第一歩になりかねません。シャンプーの時に、自分の抜け毛の長さをもう一度見てください。短い髪の毛が抜け落ちていませんか?

毛根の健康状態

健康な毛根とは毛の根元の部分が白く膨らんでいて、毛先に行くにつれて細くまっすぐになっていくものが理想と言われています。ふくらみがなくなっていたり、毛根部分からヒゲのような細い毛が出ていた場合は毛根が弱ってきているサインです。植物が育つには、根は重要ですよね。髪の毛も同じで、毛根がしっかりしていないと抜け毛、そして薄毛へと繋がります。根っこをしっかりとさせて、抜け毛を防げば薄毛にもなりません。

髪の毛のボリューム

以前に比べボリュームが足りないと自覚症状が出てきた場合は、かなり症状が進んでいるかもしれません。寝癖がつかなくなった原因も髪の毛のボリューム自体がなくなってきたからかもしれません。髪の毛が抜け落ち、ボリュームがなくなり気がつしたら薄毛に…なんてことになる前にしっかりと抜け毛対策を行い、薄毛を予防しましょう。

d98bee2a1960c0d93c5933a4b34bdb25_s

薄毛まとめ

薄毛の4つの前兆、あなたは大丈夫でしたか?髪の毛は一気に抜け落ち、すぐに薄毛になるわけではありません。毎日少しずつの積み重ねがいずれ「薄毛」になっていくのです。予防するためには毎日の観察が大事だと思います。早期発見はきっとあなたの髪の毛を救う確実な一歩となるはずです。新たな「薄毛の自分」と出会わないためにも、日頃の心がけが大切ですね。